置き換えダイエットっていつ置き換えるのがいいの?


置き換えダイエットっていつ置き換えるのがいいの

置き換えダイエットというのは、1食をカロリーの低い食物に置き換えてするダイエットで、リンゴやバナナなどの果物、豆腐や茹でたささみなの食物、置き換えダイエット用に開発された食品などと置き換えて、1日の摂取カロリーを減少させてダイエットするという方法です。

置き換えダイエット用に開発された食品の中には、酵素ドリンク、ダイエットクッキー、お粥や麺類、シェイクなどがあり、その中の一つがスムージーですが、どの食事と置き換えることが最も効果的なのでしょうか?

 

スムージーを使ったダイエットでは、朝昼晩のどの食事と置き換えするのが効果的で、どのような違いがあるのか

置き換えダイエットで最も効果があるのは、晩の食事と置き換えることです。なぜなら、晩の食事をスムージーに置き換えることで、就寝する頃には胃の中に消化しなくてはならない食物が入ってしない状態になるからです。

就寝時に胃に食物が残っていると、睡眠の質を低下させるので、代謝機能が落ちてしまい、体内の循環が悪くなって老廃物を溜めこみやすい体質になるので、太りやすくなってしまいます。

日本人の平均就寝時間は11時から12時の間と言われていますが、11時から12時の間に就寝する場合、胃を空にする為には、7時から8時までには夕食をすませなくてはなりません。

その時間までに夕食をすませることができなくても、スムージーに置き換えれば、1時間程度で消化されるので、早い時間の夕食をすませることができない人でも、胃を空にすることができ、質の良い睡眠をとることができます。

ただし、最も忍耐力を必要とするのも晩の食事を置き換えることです。

夕食は、1日の疲れを癒しながら家族や友人、会社の同僚と楽しんで食べる食事ですから、それを置き換えるとなると、いろいろな問題が生じる人もいると思います。

継続する為には、家族と一緒に暮らしている人は、家族の理解が必要ですし、友人と外食をすることが多人にとっては、友人の理解が必要です。

また、朝食と昼食は1日の勉強や仕事に対する集中力を持続する為に必要な食事なので、置き換えずにしっかり摂取することをおすすめします。

 

まとめ

置き換えダイエットは、胃を空にした状態で睡眠をとれるので、晩の食事と置き換えることが最も効果的です。また、朝食、昼食は1日の仕事や勉強に対する集中力を維持する為の食事でもあるので、しっかり摂取することをお勧めします。晩の食事を置き換えてするダイエットを継続させるためには、家族や友人など周囲の人の理解も必要です。

SIMカードランキングはこちら